赤ら顔 ステロイド|ステロイド外用剤は赤ら顔を引き起こす?それとも治療に効果を発揮する?

皮膚の炎症を抑えるのにとても高い効果を発揮するステロイド剤。
ガサガサとした症状を伴う炎症の強い湿疹やアトピーには欠かせないお薬ですよね。

 

しかし一方では、「脱ステロイド」という言葉があるように、ステロイド剤は「出来るだけ使いたくない」薬でもあります。

 

ステロイド

 

では、なぜステロイドはそれほど敬遠されるのか?・・・その理由は、ステロイドはとても強い薬であり副作用が強いから。

 

実は、このステロイドの副作用の症状として挙げられているのが、皮膚の菲薄化と毛細血管拡張症
つまり、赤ら顔なのです。

 

ステロイドによる赤ら顔はどうしてできてしまうの?

では、どうしてステロイド剤で赤ら顔ができてしまうのでしょうか?

 

それはズバリ、ステロイド強度が必要以上に高いものを使ってしまったり、長期間にわたって使ってしまうからです。

 

医師

 

ステロイド外用剤には、強さのランクが5段階存在します。

 

  1. ストロンゲスト(最強)=デルモベート、ダイアコートなど
  2. ベリーストロング(より強い)=アンテベート、マイザーなど
  3. ストロング(強い)=リンデロンV、ボアラなど(※体に使う普通の強さ)
  4. マイルド(ミディアム)(穏やか)=リドメックス、ロコイドなど
  5. ウィーク(弱い)=現在、単剤では存在しない

 

ステロイド外用剤はからだの部位によって吸収率に違いがあるため、炎症を起こしている部位がどこかと炎症の程度によって上記を使い分けるのですが、通常は体(首より下)に使うお薬はStrongクラス(中くらいの強さ)のお薬となり、少し炎症の強い湿疹の場合だとVery strongクラス(やや強い)のものを使うことが多くなるようです。

 

特にStrongestクラス(最強)は、非常に強く副作用も出やすいため、非常に炎症の強い湿疹に限って、かつ期間を限定して使うべきとされています。

 

医師

 

しかし、早く炎症を鎮めたいからといった理由や、「ステロイド剤ならどれでもいいだろう」と無頓着に強度の強いものを使用してしまうと、ステロイドはアレルギーを抑える代わりに皮膚の細胞増生も押さえてしまう働きがあるため、皮膚細胞の増殖が抑制されて皮膚が薄くなってきます

 

また、皮膚が薄くなるため皮下血管が透けて見え毛細血管が浮き上がってみえるようになってしまうのです。

 

 

これらの症状は、顔の頬部分で表れることが多く顔全体が赤くなったように見えてしまいます(>_<)
これが、ステロイドによる赤ら顔の正体というわけですね。

 

ステロイドで治る赤ら顔って?

とはいえ、逆にステロイドで赤ら顔の症状が軽減される場合もあります。

 

それは、皮脂の分泌の調節がうまくいかずに炎症が起きてしまう。「脂漏性皮膚炎」の場合。

 

脂漏性皮膚炎は、鼻や頭髪の生え際など皮脂の多い部位がかさついたり、ぽろぽろと皮がむけたりします。
こういった赤ら顔の症状に対しては、弱いステロイド剤を使用したり、抗真菌剤で抑えたりする治療法が有効だそうです。

 

つまり、ステロイド剤は使わない方が良い薬というわけではなく、症状に見合った適切な強度のものを使用することが大切ということなのです。

 

ステロイドの使用でできてしまった赤ら顔を改善するためには

以上の通り、ステロイド剤は、使い方次第では赤ら顔の原因となったり、赤ら顔をの症状を改善する薬となったりします。

 

しかし、正しく理解しておかなければいけないのは、ステロイドは炎症を鎮静化する等あくまでも辛い症状を抑えるためのものであって、根本的な赤ら顔の治療薬ではないということです。

 

赤ら顔を根本的に治療するためには体質を改善する必要があり、その為にはインナーケア(体の内側から変えるケア)が必要となります。

 

効果的なサプリメントを気長に飲み続けることが最も確実な治療方法となりますので、植物性乳酸菌たっぷり100mg配合サプリ「アレルナイトプラス」5種類の乳酸菌オールスターが1つに合わさった「カルグルト」をご活用いただければと思います。

 

 

 

因みに、「カルグルト」については、こちらで詳細をご紹介していますので、どうぞご参考になさってください(#^.^#)

 

 

関連ページ

赤ら顔 皮膚科
赤ら顔治療の中で最も高い効果が得られる皮膚科や美容クリニックにおけるレーザー治療についてご紹介します!
赤ら顔 レーザー
赤ら顔の改善方法で最も即効性があり確実な治療方法がレーザー治療。とはいえ、赤ら顔にも様々なタイプがあり、レーザーにも様々な機種と種類がありますので、具体的にチェックしてみましょう!
赤ら顔 漢方
赤ら顔は、菲薄化した肌や皮膚疾患など皮膚の問題だけではなく血管など複合的な原因によって起こるものだけに、自律神経や血流に作用する漢方薬は有効な治療方法と考えられています。
赤ら顔 乳酸菌
赤ら顔の治療には一般的にレーザー治療が適用されますが、乳酸菌抽出物LSKを継続摂取することも改善効果がみられます。
赤ら顔 薬
ひと口に赤ら顔といっても様々な原因と症状があるように、赤ら顔の改善方法にもさまざまなものがあります。では、病院を受診した場合、赤ら顔にはどのような薬が処方されるのでしょうか?
赤ら顔 即効性
気になる赤ら顔の症状を少しでも早く改善したい場合は、1回の施術効果の高い皮膚科のレーザー治療や光治療がおすすめです!
赤ら顔 食べ物
赤ら顔の改善にはレーザー治療やスキンケアがありますが、普段の食生活を気を付けることでも十分改善につなげることができます!そのポイントについてまとめてみました!