赤ら顔 食べ物|食生活に気を付けることで赤ら顔の改善を内側からサポートできます!

赤ら顔の改善は食べ物からでもできる?

程度の差こそあれ、人前に出る時に引け目を感じさせてしまう赤ら顔。
何とか改善できるものならしたいですよね。

 

そして、その方法としては、美容皮膚科で行なうレーザー治療赤ら顔に配慮して作られた基礎化粧品などが挙げられるのですが、普段の食生活からも改善を促すことはできます

 

医師

なぜならば、赤ら顔は肌だけの問題ではなく、皮膚の下を通っている毛細血管の問題でもあるからです。

 

それには、食べるものに配慮することも必要ですよね。

 

そこで、どんなものが改善に効果的で、どんなものが悪影響となるのか、きちんと理解しておきましょう(#^.^#)

 

赤ら顔の人におすすめな食べ物とNGな食べ物とは?

赤ら顔の人が(本当は、すべての人に言えることなのですが)食べ物に対して配慮したい点は、まとめると次の通りです。

 

  1. 規則正しい食生活・栄養バランスの良い食事を心がける
  2. 刺激物やアルコール・タバコは控える
  3. ビタミン・ミネラル・乳酸菌など体内の循環を整える成分を多く摂取する

 

食事

 

規則正しい食生活・栄養バランスの良い食事を心がける

まず、栄養バランスにこだわり、1日3食規則正しい時間に食事を摂るということは基本中の基本。
腸内の活動を整え、毎日排便を促す意味においても重要なことですよね。

 

こうした毎日の積み重ねが、水分や老廃物の流れを整え、血液の循環も良くしていきます。
好き嫌いによって偏った食事内容にしないよう、また食べたり食べなかったりといった食生活を送らないようにしていきましょう。

 

 

刺激物やアルコール・タバコは控える

血管の拡張が原因で起こる赤ら顔は、体に刺激を与えるような食品をなるべく控えることでも十分予防が可能です。

 

因みに、刺激物とは、辛いものだけをイメージしがちですが、香辛料の強いものだけでなく、酸味の強いもの塩分の高いもの、またコーヒーや紅茶などのカフェインの入ったもの、さらにはたばこアルコールも含まれます。

 

女性

 

それに、体に良いと思われがちなフルーツの中にもパイナップルやパッションフルーツなど、酸っぱいものは意外と刺激が強かったりするみたいですよ。
赤ら顔や顔の赤みが気になる人は食べ過ぎに注意が必要ですね。

 

 

ビタミン・ミネラル・乳酸菌など体内の循環を整える成分を多く摂取する

逆に、努めて摂取したいものといえば、代謝を促したり、老廃物の排泄を促したり、血行を良くしたり・・・といった体内の循環を促す栄養素を多く含む食品です。
また、美肌やコラーゲンの生成に欠かせないビタミンCもイイですね。

 

 

  • ビタミンC・・・パセリ、赤ピーマン、ブロッコリー、キウイ、いちごなど
  • ビタミンE・・・卵、アーモンド、いくら、うなぎ、かぼちゃなど
  • ビタミンK・・・納豆・パセリ・しそ・モロヘイヤ・あしたば・春菊・バジルなど
  • ナイアシン・・・たらこ・まぐろ・めんたいこ・かつお・レバー・鶏ささみや胸肉
  • カリウム・・・ひじき・昆布・キュウリ・ゴーヤ・ズッキーニ・スイカなど
  • 乳酸菌・・・ヨーグルト・チーズ・味噌・漬け物・キムチなど

 

いずれも務めて摂取した家成分を多く含む食品のほんの一例ですが、食事は毎日のことなので、ちょっと心がけておくだけで摂取量は驚くほど変わります。

 

ぜひ努めて毎日の食生活に取り入れてみて下さいね(#^.^#)

 

赤ら顔に効くのは乳酸菌抽出物LFK

以上、赤ら顔に悩む人が摂取したい成分についてご紹介してきましたが、特におすすめなのが、善玉菌を増やす乳酸菌です。

 

医師

乳酸菌は、腸内環境を整えることで私たちの体の免疫力をアップさせてくれるものですが、肌にとって良くない老廃物の排出を促してくれるため、続ける毎に肌の状態は良くなっていくことが見込めます。

 

さらに、その乳酸菌の中でも赤ら顔の改善に効果があると注目されているのは、乳酸菌の中でも「フェカリス菌FK−23」という種類。

 

そして、このフェカリス菌FK−23を酵素分解し、より有効成分(ビタミン、ミネラル、核酸などの菌体成分)を身体に摂取できる形に取り出したものが、乳酸菌抽出物LFKなのです。

 

 

そんな乳酸菌抽出物LFKを配合した商品の中でも人気なのが「カルグルト」というサプリメントです♪

 

カルグルト

 

この「カルグルト」がおすすめな理由は、乳酸菌抽出物LFKを含めて日本人に最適な5種類もの乳酸菌が摂取できる点です。

 

  1. 乳酸菌抽出物LFK
  2. ビフィズス菌ビースリー=内臓脂肪・体脂肪・血中総コレステロール値・血糖値・インスリン値の低下
  3. ラブレ菌=日本人と相性のよい植物性乳酸菌
  4. ガセリ菌=コレステロールの低下作用、内臓脂肪低減効果
  5. ラクリス-S=腸内で胞子を形成するため安定性が高く、乳酸生成能力にも優れた有胞子性乳酸菌

 

カルグルト

 

腸内環境を整え免疫力をアップしてくれる乳酸菌は、人によって腸内環境に最適な種類が異なるといわれているだけに複数の種類を含むサプリメント望ましいのですが、「カルグルト」は、5種類もの乳酸菌が含まれており、しかもそれが日本人に相性のよい種類だったり、効果の持続時間が長い有胞子性乳酸菌だったりする点で非常に優れていると考えられるのです!

カルグルト

 

また、ヨーグルト風味の顆粒タイプなので、牛乳やヨーグルト、ジュースなどに混ぜて飲めばとても美味しいです(^^♪

 

赤ら顔の改善ということだけではなく、子供にもすすめられる乳酸菌サプリなので、家族中で毎日1包ずつ楽しく摂取できますよ(*^^)v

 

カルグルト

 

定期購入で購入すれば、通常8,000円→980円とかなりお得です!
これは通販限定でしか購入できませんので、ご注意くださいね(#^.^#)

 

button

11もの特許を取得した乳酸菌抽出物LFKを含むサプリメントはコレ!

 

赤ら顔でお悩みならFK23菌抽出物配合のカルグルト

 

カルグルト

関連ページ

赤ら顔 皮膚科
赤ら顔治療の中で最も高い効果が得られる皮膚科や美容クリニックにおけるレーザー治療についてご紹介します!
赤ら顔 レーザー
赤ら顔の改善方法で最も即効性があり確実な治療方法がレーザー治療。とはいえ、赤ら顔にも様々なタイプがあり、レーザーにも様々な機種と種類がありますので、具体的にチェックしてみましょう!
赤ら顔 漢方
赤ら顔は、菲薄化した肌や皮膚疾患など皮膚の問題だけではなく血管など複合的な原因によって起こるものだけに、自律神経や血流に作用する漢方薬は有効な治療方法と考えられています。
赤ら顔 乳酸菌
赤ら顔の治療には一般的にレーザー治療が適用されますが、乳酸菌抽出物LSKを継続摂取することも改善効果がみられます。
赤ら顔 薬
ひと口に赤ら顔といっても様々な原因と症状があるように、赤ら顔の改善方法にもさまざまなものがあります。では、病院を受診した場合、赤ら顔にはどのような薬が処方されるのでしょうか?
赤ら顔 即効性
気になる赤ら顔の症状を少しでも早く改善したい場合は、1回の施術効果の高い皮膚科のレーザー治療や光治療がおすすめです!
赤ら顔 ステロイド
皮膚トラブルを抱える人にとって炎症を抑えるステロイド外用剤は必要な薬ではありますが、一方では敬遠される薬でもあります。実際のところ、赤ら顔に対してはどのような影響があるのでしょうか?