ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク 口コミ|実際に使用感を試してみました!

ひと口に「赤ら顔」といっても、拡張した血管が肌から透けて赤く見えている場合と、肌が炎症を繰り返して赤味が残ってしまっている場合の2つのタイプが考えられます。

 

この後者、つまり肌が何らかの原因で炎症を起こし、その状態が治まる前にさらに炎症を繰り返すことで赤みが残ってしまった場合には、しろ彩のように、血管に作用する化粧品を用いてスキンケアを行なってもなかなか改善効果は望めません。

 

肌の炎症を鎮め、バリア機能を回復させることで肌自体を健康な状態に戻さなければ赤ら顔を改善することはできないわけですね(*^-^*)

 

 

そこで、炎症がちな肌を回復させるのに効果的な赤ら顔専用化粧品としては、「ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク」がおすすめです♪

 

ウルウシェイクモイストミルク

 

ULUシェイクモイストミルク

 

この「ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク」の人気の理由は、肌の潤い成分の主役であるセラミドをふんだんに補給できる点。
セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Uといった5種類ものセラミドが配合されているのです(゚д゚)!

 

 

しかも、ベースとなっている水が普通の水ではありません。
医療用に開発された浸透力の高い特殊なマイナスイオン水(=特殊浸透水)が使用されており、これにに上記のセラミドがたっぷり溶け込んでいます。

 

故に、肌のバリア機能回復に必要不可欠なセラミドが肌の奥深くにまで確実に届けられるんですね。

 

 

さらに、100%完全無添加で作られているので、赤ちゃんにも使用できる低刺激さです♪
炎症を繰り返してデリケートになっている肌にも安心して使用可能な美容エッセンスといえますね(#^.^#)

 

ULUシェイクモイストミルク

 

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクの使用方法

この「ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク」は、肌の状態に応じて2通りの使い方ができる点も人気の理由の一つです。

 

洗顔として活用

炎症を繰り返してデリケートになっている肌は、洗顔料に含まれる界面活性剤や水道水の塩素でさえダメージとなってしまうことがあるため、洗顔でさえ負担となってしまうことがあります(>_<)

 

そんな肌に「ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク」は、洗い流さない洗顔として拭き取り化粧水のように使用することができます。
コットンにたっぷりしみこませて、肌を優しく撫でる感じでふき取ればOKですね♪

 

※このときのコットンは、初回購入時のおまけとしてプレゼントされますよ♪

 

ULUシェイクモイストミルク

 

このとき、肌に触れるか触れないかくらいのタッチでふき取ることがポイント。
その上で、さらに次のような保湿ケアを行なえば、肌は徐々に回復し、バリア機能も戻ることになりますね(#^.^#)

 

 

保湿ケアとして活用

ベースに特殊浸透水が使われているだけに、本来の使い方として保湿ケアに使用できます。

 

「ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク」は、乳化剤(界面活性剤)を使用していない為、静かに置いておくとスクワラン層とセラミド層に分かれています。
故に、使用する前には2〜3回上下に振ってから使用する必要がありますね。

ハンドプレス

それゆえにシェイクモイストミルクというネーミングなんですね(#^.^#)

 

手のひらに100円玉サイズを出し、乾燥しやすい頬から先につけて顔全体に馴染ませた後、ハンドプレスでさらに抑えこむと効果が上がりますよ♪

 

 

さらに、この「ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク」は1本で5役(導入液、化粧水、乳液、美容液、拭き取り化粧液)なので、便利で時短メイクの助けにもなるので使い勝手がとてもいいです♪

 

 

定期購入だと20%OFFの値段で購入できるのでおすすめ!
でも、敵購入とはいっても継続の条件はなく、いつで休止・も解約できますので、安心して試してみて頂きたいと思います(#^.^#)

 

 

button

炎症肌による赤ら顔のケアにはセラミド補給がたっぷりできる「ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク」がおすすめ!

 

赤ら顔対策にはこれ1本でOK!/WEB限定キャンペーン中