赤ら顔 脂漏性皮膚炎|皮膚科での長期治療が必要となるその症状とは?

脂漏性皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎とは、鼻の周辺や額、髪の生え際、耳の裏側、頭皮といった皮脂の分泌が多い部分に赤みやかゆみが起こる皮膚炎です。
体でいえば背中、胸の中心部、ワキ、陰部などに起こることもありますね。

 

具体的な症状としては、肌が炎症を起こして赤くなったり、ブツブツができたり、多くの場合は、かゆみをともないます。
また、肌がカサついて、細かくはがれた皮がこびりつくこともありますので、頭皮の場合は、たくさんでるフケが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

脂漏性皮膚炎

 

脂漏性皮膚炎の発生原因にはまだ解明されていない部分がありますが、皮膚に寄生するカビ・癜風菌(マラセチア)が皮脂を分解し、それによって生じた老廃物が皮膚を刺激することで皮膚炎が生じるという説が有力なようです。

 

 

そして、この脂漏性皮膚炎を悪化させる要因として、次のことが考えられています。

 

脂漏体質

遺伝的、体質的に皮脂が多い状態(=脂漏体質)が、脂漏性皮膚炎に関係すると考えられています。

 

 

年齢

年齢的にみると、皮脂腺が発達する思春期以降はホルモンの影響で皮脂が増え、脂漏性皮膚炎が生じやすくなるようです。

 

また、女性よりも男性に多いとされており、その理由として、中年以降の男性は年齢が増すほど男性ホルモンが優位になる傾向があるため皮脂量が増え、症状が増すといわれています。

 

 

生活習慣

ストレスが多い生活や偏った食生活、過労、睡眠不足などは免疫力を低下させるため、症状が悪化しやすいといわれています。

 

また慢性的な便秘、入浴や洗髪があまり行われていない衛生面での問題も悪化要因と考えられています。

 

皮膚科で行なわれる脂漏性皮膚炎の治療

以上のような脂漏性皮膚炎は、症状が重症である場合は、速やかに皮膚科を受診してきちんと治療を受けられることをおすすめしたいと思います。

 

その場合、ステロイド外用剤や抗真菌外用剤を使用しつつビタミン剤の内服も行ない、比較的長期にわたる治療が必要とされます。

 

docter

 

  • マラセチアの繁殖を抑えるための「抗真菌外用薬」
  • 炎症を抑えるための「ステロイド外用薬」
  • かゆみを抑えるための「抗アレルギー剤」
  • 皮膚の代謝を促す「ビタミンB2」「ビタミンB6」などの内服薬

 

根気よく根本から直していかなければならない病気といえますので、悪化させないように普段の生活から気をつけたいところですね。

脂漏性皮膚炎による赤ら顔を予防するセルフケア

では、脂漏性皮膚炎による赤ら顔を悪化させないようにする、若しくは発症しないように予防する為には、普段からどのようなセルフケアを行なえばよいのでしょうか?

 

皮膚科医が「心がけるだけで全然違うんですよ」と推奨する4つの方法をご紹介したいと思います(#^.^#)

 

  1. 紫外線ダメージを受けないようUVケアをしっかり行なう
  2. 免疫力を低下させないよう睡眠時間を十分とる
  3. 肌に刺激を与えないよう気をつける
  4. 脂っこいものや甘いものを避けビタミン不足にならないようにする

 

まず、肌のためにUVケアは必須です。
紫外線は皮膚のダメージを促進し、脂漏性皮膚炎を悪化させる要因になりますので、外出の際は必ず日傘や帽子などを使って、UVケアをしましょう。

 

 

また、意外と私たちが軽視しがちなのが睡眠時間。
睡眠不足も、肌の免疫力を低下させて脂漏性皮膚炎を悪化させます

 

できるだけゴールデンタイムといわれる午後10時から午前2時に眠っていられるように、夜ふかしをせず、しっかりと睡眠時間を確保しましょう。

 

josei

 

そして、脂漏性皮膚炎になると、肌がより敏感な状態になりますので、ゴシゴシ擦るような洗顔をしないのはもちろんのこと、使う化粧品も敏感肌用のものを選ぶようにしましょう。

 

その際、こちらでご紹介しているような赤ら顔専用化粧品は、超敏感肌にも安全な仕様になっているのでおすすめですよ♪

 

 

また、毎日の食生活に気を配るのも大切です。
皮脂の分泌を活発にする脂っこい食べ物や糖分の多い食べ物、刺激の強い食べ物、アルコールなどは、できるだけ控えるようにしましょう。

 

 

逆に積極的に摂取したいのは、過剰な皮脂の分泌を抑制してくれるビタミンB群(特にB2とB6)やビタミンC
いろいろな栄養素をバランスよく摂ることは大切ですが、特にこれらが不足しないように食事に組み込みましょう(#^.^#)

 

  • ビタミンB2・・・レバー、うなぎ、カレイ、サバなど
  • ビタミンB6・・・レバー、カツオ、マグロ、サケなど
  • ビタミンC・・・ブロッコリー、カボチャ、ほうれん草など

 

とはいえ、好き嫌いもありますし、仕事をしているとなかなか毎日きちんと摂取できないこともありますよね(^^;)

 

そんな場合は、サプリメントの手を借りるのも一つの方法です。
今はバランスの良いマルチビタミンも比較的安価なお値段で販売されていますので、ぜひ有効活用なさってくださいね(#^.^#)

 

 

button

1日1粒で13種類のビタミンが摂取できるマルチビタミン!

 

ハウス「1日分のビタミン」

関連ページ

赤ら顔 早死
赤ら顔は単に皮膚の問題と思っていたら、習慣SPAが特集した「早死にする人の生活習慣」でなんと赤ら顔が4位にランクイン!これは根拠があるのでしょうか?
赤ら顔 肝臓
赤ら顔は何も精神的な赤面症や毛細血管拡張症など皮膚の問題に限らず、肝機能の低下によっても発生してしまう問題なのです。
赤ら顔 ニキビ
ニキビによる赤ら顔は炎症が治まった後のスキンケアこそが重要であり、ニキビを繰り返さない肌にするケアによって改善されます。その為の保湿のポイントやおすすめ化粧水をご紹介します!
赤ら顔 酒さ
赤ら顔の一種といわれる酒さは、単なるニキビの炎症と見分けるのが難しく、その治療方法も副作用や悪化の可能性がありなかなか厄介です。できるだけ初期に適切な対策を講じましょう!
赤ら顔 病気
ひと口に「赤ら顔」といっても、精神的緊張がもたらす赤面症から菲薄化による肌トラブル、全身性の疾患まで様々な原因があります。その中の病気に起因する赤ら顔についてまとめています!
赤ら顔 遺伝
赤ら顔にもさまざまなタイプがありますが、その中には生まれつきの肌による赤ら顔というものがあります。これは遺伝による病気なのでしょうか?遺伝するものがあるとしたら何なのでしょうか?