赤ら顔 ニキビ|改善のカギはニキビの炎症後のケアにありました!

同じ赤ら顔でも、常に顔全体が赤い場合もあれば、人前で緊張したときや温度差の激しい場所にいるときだけ赤くなる場合もあり、人によって根本原因はさまざま。

josei

 

その中でも、目の周りやあご部分など皮脂腺のある箇所だけが常に赤々としてしまうのが、ニキビによる赤ら顔です。

 

これはニキビが治っているにもかかわらず赤い場合があり、残ってしまったニキビ跡が目立って嫌ですよね(>_<)

 

そこで、どうしてこのような状態になってしまうのか?、また、このような赤ら顔を改善するためにはどうしたらいいのか?
原因や解決策についてまとめてみたいと思います(#^.^#)

 

ニキビがなぜ赤ら顔になってしまうの?

まず、なぜニキビによって赤ら顔になってしまうのか?なのですが、それには次の2つの状態が考えられます。

 

  1. ニキビができ炎症を起こして赤くなると、周辺に張り巡らされた毛細血管に血液が溜まりうっ血を起こすため、それが肌にあらわれて赤くなる
  2.  

  3. 炎症が重症化すると皮膚の深層部にまで達するため、表面の炎症が治まっても赤いニキビ跡が残ったままになる

 

つまり、ニキビによる赤ら顔は炎症の証の色ということ。

 

重症化してしまったニキビは、表面上の炎症が治まっても治りきったわけではなくデリケートな状態のままなため、外部からのちょっとした刺激に反応して再び炎症ニキビができてしまうのです。

 

健康な肌に戻る前に炎症を繰り返した肌は常に赤いまま。
そして、こうしたニキビの数が多ければ多いほど、その赤味が顔を埋め尽くすことになり赤ら顔になってしまうわけですね(>_<)

 

ニキビによる赤ら顔は洗顔などスキンケアが原因

なぜこうした悪循環ができてしまうのかというと、一部には遺伝による肌質が原因ということもありますが、大半は誤ったスキンケアのせいといわれています。
もっと具体的に言うと、洗顔と洗顔後の保湿方法がデリケートなニキビ肌に適していない場合が多いということなのです。

 

josei

 

その誤った洗顔&保湿方法はというと・・・

 

  • ピーリング剤や刺激性のスクラブが配合された洗顔料を使用し角栓や毛穴汚れを落としている
  • 高い温度の湯で洗ってしまっている
  • ゴシゴシ洗ったり、1日に何度もしっかり洗顔をしたりして洗い過ぎの状態になっている
  • 洗顔後の保湿ケアを怠っている、若しくはさっぱりタイプの化粧品でケアしている

 

確かに、ニキビの直接的原因は角栓と皮脂によるものですが、そもそもこれらは肌を守るために適度には必要なもの。
それを洗浄力の強すぎる洗顔料や刺激性のスクラブ洗剤などで根こそぎ取り除いてしまっていては、肌は乾燥状態に危機感を覚えさらに皮脂分泌を促してしまうのです(>_<)

 

 

また、保湿が十分なされていない肌にはバリア機能が働かず、外部からの刺激に無防備な状態になってしまいます。
せっかく炎症が治まったニキビ後の肌も無防備な状態だと再びニキビができてしまうのも頷けますよね。。。

 

赤ら顔を防ぐポイントはニキビ後の保湿に!

つまり、赤ら顔にもなってしまっているニキビ肌は、洗顔によって肌に刺激が与えられている上に、保湿が不十分で皮脂分泌が多い状態、かつ肌のバリア機能が低下した状態に陥っています。

 

赤ら顔を予防・改善するポイントは、保湿ケアにある!ということですね。

 

josei

 

そこで、薬用ニキビ専用洗顔石けん
とともにおすすめしたいのが、「リプロスキン」というニキビ跡専用の導入型柔軟化粧水です♪

 

リプロスキン

 

この「リプロスキン」は、炎症が治まった後のニキビ肌のケア用に作られた専用化粧水であり、どんなデリケートな肌にも優しいのはもちろんのこと、不健康な状態に陥っている肌の深層部にも有効成分がしっかり浸透し、肌の柔軟性を高めて健康な状態にしてくれる化粧水なのです。

 

独自の浸透技術が向上したことで最近さらにリニューアルされた逸品ですね(#^.^#)

 

リプロスキン

 

炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムも配合されているので、再発しかけているニキビも鎮めてくれます。

 

ニキビ・ニキビ後のケア部門で5冠を達成している実績を持つ化粧品ですし、万が一肌に合わなかった場合に備えて60日間の返金保証もきちんとついていますので、安心してお試しすることができますよ(#^.^#)

 

お試しサイズから始められますし、定期購入とはいっても継続条件はないので1回でやめることもOKです。
利用者側の立場に立って万全の体制が整っている良心的な化粧水なんですよ(#^.^#)

 

ニキビによる赤ら顔にお悩みの方にはぜひお試しいただきたいと思います!

 

 

関連ページ

赤ら顔 早死
赤ら顔は単に皮膚の問題と思っていたら、習慣SPAが特集した「早死にする人の生活習慣」でなんと赤ら顔が4位にランクイン!これは根拠があるのでしょうか?
赤ら顔 肝臓
赤ら顔は何も精神的な赤面症や毛細血管拡張症など皮膚の問題に限らず、肝機能の低下によっても発生してしまう問題なのです。
赤ら顔 酒さ
赤ら顔の一種といわれる酒さは、単なるニキビの炎症と見分けるのが難しく、その治療方法も副作用や悪化の可能性がありなかなか厄介です。できるだけ初期に適切な対策を講じましょう!
赤ら顔 脂漏性皮膚炎
赤ら顔の原因が皮膚疾患の一つ「脂漏性皮膚炎」にある場合は、ステロイドに頼らない治療方法で身体の内側から根本的に解決していきましょう!
赤ら顔 病気
ひと口に「赤ら顔」といっても、精神的緊張がもたらす赤面症から菲薄化による肌トラブル、全身性の疾患まで様々な原因があります。その中の病気に起因する赤ら顔についてまとめています!
赤ら顔 遺伝
赤ら顔にもさまざまなタイプがありますが、その中には生まれつきの肌による赤ら顔というものがあります。これは遺伝による病気なのでしょうか?遺伝するものがあるとしたら何なのでしょうか?